2015.09.17更新

一般に言われている性病(STD)はエイズをはじめ、梅毒、淋病、肝炎、クラミジアなどがあります。性病は性器に関係のない症状で現れることも多いです。
1) クラミジア感染ではおりものが多くなるだけでなく腹痛なども現れます。男性に症状はありません。のどのクラミジア感染では咽頭痛などの症状があります。
2) 梅毒は皮膚の変化なども出現します。知らないうちに症状がきえてしまいます。
3) 性器の淋病は女性では症状がほとんどありませんが、男性は排膿とともに強烈な排尿痛があります。のどの淋病は咽頭痛などがあります。
4) 性病検査は結果報告にいずれも当方では7日かかりますので、至急検査をご希望の方は性病科または泌尿器科などの専門医を受診されることをお勧めします。
5) 女性の場合おりものが白色でにおいが強い場合は多くは膣カンジタ症(真菌感染)であり、性交によって感染するもの(性病)ではなく、多くは膣の洗浄によって起こることが多い感染症です。婦人科の疾患ですので婦人科受診をお勧めします。

投稿者: そねクリニック